トップ‎ > ‎

コンセプト



美容と健康を


姿勢を整えて腰痛、肩こり等の解消

腰痛、肩こり、手足の死びれ、頭痛、膝痛、外反母趾...

現代ではほとんどの人の姿勢は乱れています。姿勢の乱れは、主に体幹の筋肉バランスの悪さから来ます。肩こりや腰痛で悩む方、そしてそういった疾患が影響し年を重ねた場合に身体を動かすことが億劫になり、健康を害するようなこともあります。整体等で治療する方も多いですが、いい姿勢を維持するための筋肉を付けなければまた元に戻ってしまいます。姿勢のいい人というのは歩いている、生活する中で自然にバランスよく筋肉が利用されています。普段活用されていない必要とされる筋肉を感覚として察知することで自分自身で補正することが大事になります。

本道場では、個人個人の使われていない筋肉の箇所を判定し、個々がどこを意識するようにすべきか、空手の突きや蹴りの動きを通じて指導します。空手の突きや蹴りは普段では利用しない身体の使い方をするので個人個人が使えてない部分を感じてもらうのと、感じた部分を鍛えるのに最適です。

女性にもボディラインを整える効果


お尻の横に変な肉が...
お腹が凹まない...
胸が小さい..

女性でボディラインのなやみを抱えている方もたくさんいます。そういった方にも個人個人の姿勢と筋肉バランスを整える感覚を植え付ける。そして普段の生活のアドバイスも行います。
お尻を綺麗にするには、骨盤を効果的に動かすことが必要です。バストを美しく見せたり、バストアップには胸郭と肩甲骨を上手く活用することが大事です。
そういった場合に意識すべきことを空手の動きや、普段の生活の仕方を交えて指導します。

歩行の指導により身体のバランスを整える

バランスよく筋肉を使える歩行はトレーニングの王様です。
しかし、偏ったままではその効果を発揮できません。

最近は、健康のため、ランニング、ウォーキングをする方が増えています。しかし、バランスがもともと狂っている身体でただ動いてしまうため、痛みを引き起こしたり、疾患を
患ってしまうケースもよく見られます。身体をバランスよく使う感覚と使うための歩行を指導することで、そういった問題を改善をします。

歩行で身体のバランスを整えることが可能になる方法を指導します。

姿勢の認識を変える


お子さんの姿勢に問題がある場合に、安易に指摘することが昔からよくあります。そこは多くの間違いがあり、それによって、見た目的には治ったように見えても
身体的には悪化してしまうということがよくあります。姿勢を整えるというのはどういうことなのか?という指針も指導します。

子供の将来の健康を

子供は、大人に比べて姿勢が崩れていません。しかし子供の時代に身体の使い方を学ばないと、大人になって姿勢が乱れ、腰痛や肩こり、疲れやすいといったことになりがちになります。姿勢が乱れるのは、成長期、妊娠時、暴飲暴食による大きな体重変化というのが主な理由です。成長期は骨格に対して筋肉がついてこないのでその時に身体の動かし方を学んでしっかり鍛えないと、大人になり苦労します。

他のスポーツで活かす


無門会空手の動きには、常に身体の極限を使おうとします。そして技術、身体の使い方は、身体的な特徴にはあまり依存しません。(背が高い、背が低い等)
ほんんどの技術は身体的な特徴に依存しないもです。そういった動きで極限の動きを目指す場合は、身体のバランス、歪み、関節のポジション等が非常にシビアになります。それらはほとんどのスポーツで有効となります。スポーツでは非対称な動きしか練習しないものがあります(野球等) それだと身体の歪みが出て、それによりある時点で進歩が止まります。そういった方にも空手で逆側の動きを鍛え、左右のバランスを整えさらなる空手及びそのスポーツの上達を促します。

本道場では、歪みや関節のポジションの問題等は稽古中での指摘、稽古の動画の解析により指摘レポートを定期的に行なっております。


無門会空手の特殊技術を生ぶ


科学的に空手を学び取得する。

人間の身体の動きは非常に複雑です。従来は個々に異なる感覚を伝えることが難しく、指導が曖昧になり技術の習得のさまたげ、そしてただの精神論へ向かってしまう
ようなことがあります。しかし本道場では、個々の道場生に対して、身体の使い方に関してのメカニクス的問題、上達の方法をお伝えして、常に上達し楽しく空手をできるようにします。

また、定期的にフォームを動画で撮影し、その解析レポートで現在の状態これから注意すること上達することをお伝えします。


極限の突き技を学ぶ。


身体全身をフルに活用した突き技が特徴です。それを実際には小さく利用したり、場合によって省略したりします。他の空手にはない突き技の概念です。
また、多くの空手では筋肉バランスの有無には関係ない範囲の身体の操作で使える技を指導します。しかし、無門会空手の突き技はバランスを整えないと
取得が難しくなっています。そこを丁寧に指導します。

他の格闘技や、武道等で無門会のような突き技を使いたいという方にも丁寧に指導します。

使用可能な護身術


多くの武道では護身術を指導します。多くのものが非常に難しい動きで実際に自分の身を守る際は、使うことが難しいことが多々あります。無門会空手では
初心者には金的蹴りを指導します。ガタイのいい凶暴な方も金的蹴りの対処はほとんどの人ができません。子供、女性中高年の方も身体的にとてもかなわい相手に対しても護身することが、金的蹴りで十分可能になります。

年齢を越えた受け技/カウンター技の取得


無門会空手の特徴に受け技があります。受け技を取得することで、単純な身体の速さや切れ味で避けるといった年齢と共に衰えるものに頼らず、に空手を行えます。
受け技の指導というのは、ほとんどの空手でも行います。しかし、自由組手では利用できないことが多々あります。
無門会空手では、稽古体系、組手ルールなどにより、受け技が発展するようになっています。

他の格闘技や武道等でも、使える受け技を指導します。

理にかなった稽古体系

空手の基本稽古と自由組手が分離しているということがよくあります。しかし、無門会空手で稽古をしていただくと、すべてが繋がっていることが実感できます。